【水疱瘡.com】〜予防接種について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
mizubousou21★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは水疱瘡の予防と治療、予防接種について詳しく説明していきます。

水疱瘡は予防接種を受けることによって発症時の症状を軽く、又は発症そのものを防ぐことが出来ます。水痘ワクチンは副作用もほとんどない生ワクチンですが、1回だけの接種では数年以内に約20〜50%の人が発症すると言われている為、2回の接種が必要となります。水痘ワクチンの1回の接種により重症の水痘をほぼ100%予防でき、2回の接種により軽症の水痘も含めてその発症を予防できると考えられています。

2014年10月より定期接種となったことから、これまでの任意接種と違い公費で受けられるようになりました。対象は1歳から2歳のお子さんで、1回目の接種から3ヶ月ほど経ってから2回目の接種を行います。ただし既に水疱瘡に罹ったことのある方については接種対象外となります。

MRワクチン(麻疹風疹混合)などの他の定期接種やムンプスワクチン(おたふく風邪)などの他の予防接種との、接種順序及び同時接種についてはかかりつけの小児科医に相談して下さい。


⇒ 治療について

⇒ 家での注意点

sponsored link



【水疱瘡.com】TOP

copyright©2015  【水疱瘡.com】〜症状・治療・予防接種〜  All Rights Reserved