【水疱瘡.com】〜プール熱〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
mizubousou21★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは水疱瘡と似た病気の一つ、プール熱について詳しく説明していきます。

プール熱は、主に子供に流行するウイルス性の感染症で、正式には「咽頭結膜熱」と呼ばれます。元々プールの盛んな夏の時期に感染が広がるのが特徴ですが、エクササイズとしての水泳が温水プールでも利用できることから冬でも流行することがあり、近年では一年を通して流行する可能性もある病気となっています。

プール熱の原因となるのは、アデノウイルスに感染することです。人に感染するアデノウイルスは51種類の血清型に分類され、それぞれ番号付けされています。
その中でもプール熱を引き起こす原因となるのが、主に3型が多く他にも2型、4型、7型などが挙げられます。感染経路は、保育所や幼稚園や学校などの集団施設での生活において、感染者のくしゃみなどの飛沫感染やプールなどの水を介した感染、使用したタオルや食器などの接触感染などが挙げられます。アデノウイルスの感染力は強く、急性期では非常に強い感染力を持つウイルスです。潜伏期間は個人差がありますが、およそ5日〜1週間程度あります。

学校保健安全法では水疱瘡やインフルエンザと同じく、第二種学校感染症に指定されている為、出席停止措置が取られます。医師の診断の元、症状が治まってからも最低2日間は登校禁止となります。症状が回復してからもウイルス自体は死滅したわけではなく感染力は残っているからです。

プール熱の症状としては、感染から1週間程の潜伏期間を経て、発熱から発症します。熱は4,5日程度続き、39〜40度と高熱の時と38度前後の時とを繰り返しながら経過します。高熱が続くとひどい場合は熱性けいれんを起こすこともあります。
さらに扁桃腺が腫れて喉に強い痛みを感じると共に、両目ないし片目に充血や流涙、目やになどの結膜炎症状も伴います。他にも咳や鼻水、頭痛や全身倦怠感、吐き気や嘔吐、下痢や腹痛、などの風邪様症状が挙げられます。

子供に多く見られるものの大人でもプール熱は罹ります。しかし子供に比べると症状は軽く済むことが多いです。大人の場合は、結膜症状や熱よりも咽頭症状が重くなりやすいと言われています。


⇒ 手足口病

⇒ ヘルパンギーナ

⇒ とびひ

sponsored link



【水疱瘡.com】TOP

copyright©2015  【水疱瘡.com】〜症状・治療・予防接種〜  All Rights Reserved